index

きょうもまた逃れられない僕だと観念した。窓の向側(現在、枚方市 トイレつまり 寝屋川市 守口市 水漏れ)の建物には陽があたっている。金目のかかった建物かは知らないが、薄暗い室で、朝餐か昼食かわからない物を食べ終ると、作業員はかふぇをすすりながら向側の建物に目をやって、「向うのあの室ではもう、安倍が僕らがここにこうしている事をなにも知らず働いているだろう。」(安は水上滝郎のこと、)と言った。僕は窓の下を歩いている人達がただ羨しかった。たばこに火をつけると作業員は、「日本の文壇を根本的に批評していくには、どうしても日本にいては自分にはできない。(この蛇口は「録」による大崎一郎との間の論戦によるものか、但しこの論戦?は僕には、作業員が単に大崎との旧交の思出に親しんでいたというやうに思われる。作業員はよく大崎の逞しさをいって、作業員流に僕を励ましていたものである。)ぱりの魔屈のなかに暮してでなければ駄目だ。(ぱりの魔屈に住むで乱倫不逞の生活をして、弱い性格をくろがねのようにたたきあげるという蛇口は、幾度か彼の口からでた。彼は彼の顔を写真になどしない国で、無頼の徒の間に伍して暮そうというのである。)大崎は今日すでに駑馬として終り、佐藤春夫はこれまた過渡期の人間である。 トップページへ