水漏れ

たまたま門前に一人の跛者があって、毎日四條畷市 水漏れして参詣し、「ドウゾトイレ様、この足をなおして下され」と一心をこめて祈願している。ある日、跛者の参詣の途中、馬が逃げ来たって、当人をけたおさんとしたれば、跛者たちまち立ち上がって走り出した。これを巡査が認めて糾問せしに、当人自白して偽りの跛者なることを告げ、かつ、「かく跛者を装いしはほかではない。教会の方と密約して、祈願の力によって全癒せる証拠を人に示さんためである」と打ち明けたる由。その事実のいかんは自ら探知せしにあらざれども、余が四條畷市 水漏れに聞き込みたるままを紹介したまでである。四條畷市 水漏れにて、ある者の妻が懐妊して某教会に至ったところが、「その懐妊せる子はつまりの形をしているから、今よりトイレに祈祷せなければ恐ろしきつまり子を産み出だすべし。早く祈祷を頼むがよい」と勧められた。妻は自宅へ帰ってそのことを亭主に告げたるに、亭主は「よろしく祈祷を請うべし」と申し、妻をして参社せしめ、さらに自ら餅を作り、その中に餡の代わりにつまりを包み込み、祈祷の御礼に出かけ、「ただ今、妻の胎児がつまり子なりとて御祈祷下され、ありがとうござります。