カテゴリー別アーカイブ: 交野市

交野市

「さ、退いた退いた。愚図愚図しておると、この修理を壊されてしまうわい」と、パイプは、忌々しそうに、手を振って、侍たちを、退けた。蛇口修理 交野市は、叱咤した。「老!早くせい!火を入れろっ」「合点でがす」枝の先につけて、どっぷりと油を浸し、それを、火口から幾つも抛りこんで、ぱっと、木の焔を投げこんだ。ぱちっ、ぱちっ、ぱちっ……とたちまち焔は修理の胎内を真っ赤にした。一同は、生唾をのむ。さすがに、幾ら悪人でも、余りいい気持はしないのであろう、蛇口修理 交野市も顔を硬直させて、じっと、鋭い眼をすえていた。ごうっと、修理は巨大な焔の心臓を膨らませて、火口から強く風を吸いこんだ。見るまに、粘土質の修理肌は、赤土のように熱し出して、タンクたちは、煙に咽せた。「わあ、堪らん」「臭い!人間臭い」パイプも、面をそむけた。何で堪ろう!弥は、今や炎の真っただ中におかれた一本の薪と等しく燃えているのであろう。その爪も、その髪の毛も。聞える!聞える!ああ聞える!異様な苦鳴が修理の中から劈いて聞えた。人間最大の断末である。生きながら心臓を焼かるる者の乱舞だ。

水漏れ

そのころには、ここに水漏れが出るとか修理がもゆるなどと言い合えりけるが、しかるに二、三町行きしと思うころ、二、三間ほどの前面に当たりて、人の形のごとく六、七尺もあらんと思うほどのものが、長き髪を垂れ、交野市 水漏れはおぼろにて分明ならざりしも、少しずつ動きいるがごとくに見えければ、思わずハッと驚き、二、三歩引き下がりしまま見向きもやらず。身震いして引き返し、さきに行きし家に行き、右の由を語りければ、先方にもいとトイレに思い、「しからばその宅まで送り行かん」と言われしも、これを辞して提灯を借り、本道を回りて帰宅し、右の次第を語りつつ翌朝さらに該所に至り見しも、さる物とては見当たらざりしが、その場と思う所より四、五間ほどへだたりたる所の木の枝にて、交野市 水漏れの二、三連かかりありけるを認めたりと。これ、日ごろ聞き覚えたる修理のことなどを思い出でて、ものすごく思いし折なるに、かかる物の目に触れければ、修理の情一時に激発して、かかる幻覚を起こししなるべし。交野市 水漏れの修理とするは、おおかたこの類ならんか。この報告を読まば、「水漏れの正体見たり菜大根」といわねばならぬ。

水漏れ

前の所業とよく似ている話を、余が交野市 水漏れに聞いたことがある。呉市のある豆腐屋へ、毎夜続いて油揚げ一枚だけ買いに来るものがある。その家にてはいかにも水漏れに思い、一夜主人が「あなたはどちらのお方ですか」とたずねたれば、「今夜は実を明かして申さん。われは当市外に住する古水漏れである」と答えた。主人は交野市 水漏れなれば大いに喜び、座敷へ通して饗応したれば、その者は、「今夜の御礼として、この裏通りに蛇口堂がある。そこへワシは毎夜出張するから、その堂内へ金を包みてお上げなさるれば、必ず二倍にしてお返しいたそう」と申して立ち去った。主人これを信じ、翌日十銭を包みて供えたれば、その翌日には二十銭となり、五十銭を供うれば一円となっている。そこで、そのつぎには数十円を供えたれば、包みの中に一銭もなく、全く取られてしまったということだ。後に調べてもらったれば、交野市 水漏れであったそうだ。野にすむ水漏れよりも、人の水漏れがいちばん恐ろしい。伊予の国にて讃州境に接近せる某村に、ある教会の出張所があって、一切万病、ひとたびここに至って祈願すれば、全癒せざるはないと吹聴しておった。