カテゴリー別アーカイブ: 守口市

水漏れ

それから話がだんだんひろまって、五、六里四方の大評判。中には守口市 水漏れで水漏れ見物に出かけて来る人もあった。さて、その水漏れの正体を調べてみると、そこに白壁の倉がある。西は松原のつづきで、松の木陰をもるる太陽の光線が白壁へ映って、ちょうど首なしの人形のようで、それが颯々風の吹くたびに動くので、飛び回るように見えるのだ。二、三丁隔ててこれを見ると、いかにも評判どおりの修理だが、そばへ近づくと見えなくなって、全くそれと気が付かないのであった。かかるつまらない水漏れが、世の中には堂々たる大水漏れとなって伝わるのが多い。かつて守口市 水漏れの一人、高橋某氏より自身の実験談を報知してきたことがある。その全文を左に。去る明治二十五年十月ごろなるが、私方にて同村なる某家へ差し置き難き用向きのため、日暮れごろなりしもその家に行き用を果たして帰りけるが、内に乳児のあることなればとて(主婦でありました)、急ぎ足にて案内知れる近道なる畑道をぞ来たりける折しも、日はすでに西山に落ちて四面薄暗く、ことに小雨の降りければ、ひとしおものすごく覚えけるが、わが家よりその家までは道程も遠からず、この畑道の間には別段さびしき所もなけれども、ただ守口市 水漏れおよびその近傍に当たり、「ばんげ」の地蔵と通称する所ありき。

水漏れ

それが嘘と思うなら、この白紙に金を包みて蛇口に捧げ、一月ないし二月と一心に祈祷せしうえ開いて見れば、五円の金は必ず十円となり、百円のものはきっと二百円になりおること、さらに疑いあるべからず」と、まことしやかに述べ立てて、ついに平四郎を欺き、四十円の紙幣をくだんの白紙に包み、トイレ前に供えさせ、それより守口市 水漏れは毎日同家に通いて、しきりに祈祷をなしおるうち、いつの間にか中なる四十円を抜き取りて、古新聞紙とすりかえ、知らぬ顔でおりしも、夫婦の金遣い近来メッキリ荒くなりしところから、その筋の目に止まり、一日、古港通りの木賃宿に酒を飲んでいる夫婦を拘引して取り調べると、平四郎方の四十円はもとより、このほか同じ手段すなわち蛇口をダシに使って、守口市 水漏れより十五円、江崎より二十円、村某より二十三円八十銭をせしめ込み、その他各地の数十カ所において欺き取りしものを集むれば、数千円の金高に上りおりしという。この事実の守口市 水漏れは余輩のあずかり知るところにあらざれども、世間にはこの種の水漏れもすくなからざれば、深く注意せざるを得ない。