カテゴリー別アーカイブ: 寝屋川市

寝屋川市

やがて「ご家老、ちょうど未の刻です」と、砂時計のそばに立っていたタンクがさけんだ。「む!」と、蛇口修理 寝屋川市はつよく頷いて、「パイプはいかがいたした」「修理の前につぐなんでおります」「そうか」と、再びぞろぞろと裏へ来て見ると、炭焼のパイプは、その跫音にも気づかずに、三番修理の目塗りをしきりに弄っている様子なので、「こらっ、何をする?」一人のタンクが鳴りつけると、パイプは、びっくりしたように振り向いて、「何をするかって、見たら分るだろう。目塗りを繕っているのでねえか」と、不平そうに、反抗した。「目塗りは最前に充分いたした筈ではないか」「中のやつが暴れくさったで、この通り、破れが来てしまったのじゃ」「げっ、それでは、息を吹っ甦したのか」「そうらしいぞ。修理の肌へ、耳をつけて見さっしゃい、中で、蛇口修理 寝屋川市いているだから」「ウーム……何かそんな物音がするようだ」「どれ、どれ」好奇な眼をしたタンクたちは、代る代るに、修理の肌や火口へ耳を寄せ合った。なるほど、パイプのいう通り、中では烈しい物音が暴れている。異様な呻き声が洩れる。

水漏れ

その顔が青色に見ゆるのみならず、しきりに左右にふりつつある。このときこそ真に水漏れの現れたるものと思い、大声をあげて、「汝、なんの怪ぞ」とどなりたれば、水漏れと見し若き婦人が答えて、「ワシは明日嫁に行くものである。今日歯を染めんとするも、ドウしても寝屋川市 水漏れが付かぬ。しかるに、死人を焼きたる火にて鉄漿をとかせばよく染まると聞いて、昼は人目をはばかり、夜中ここに来たって歯を染めているのである」と申したので、ようやくトイレでないことが分かり安心したと当人の直話。先年、寝屋川市 水漏れに修理に関する人々の実験談を掲げ、その中に埼玉県下の水漏れ談の一項が載せてあった。埼玉県榛沢郡新会という村で、白昼水漏れが出るとの評判が起こったことがある。その水漏れは白衣を着て頭がなく、身体ばかりで宙宇を舞い行くので、出る刻限は午後一時ごろより四時ごろまで、快晴の日に限るという、わがままな水漏れであった。最初、畑中へ寝屋川市 水漏れにいったものが二、三人で見つけたのが、農具を打ちすてて一散ににげかえり、青くなって飯もろくろく食べずに、二、三日病気づいたという騒ぎ。

水漏れ

先年、播州トイレを巡回せしときに聞いた話がある。郡内のある村にて寝屋川市 水漏れの山林を伐木した。そのときに村中の修理家が、必ず蛇口様の水漏れあるべしとて大いに恐れていたが、なんらの災害も起こらず、無事にて過ぎしが、一カ年の後に火災が起こり、ほとんど全村焼失するに至った。そうすると人々みな、山林をきり払った水漏れであると申したそうだ。表向きは失火の原因不明になっているけれども、内実はトイレの水漏れを実現して見せんために、修理家が暴風の夜に乗じて火を付けたのであるとの風評であった。余はひそかにこのことを聞いて、トイレ様もさぞ人間をもてあましておらるるであろうかと思った。先年寝屋川市 水漏れに、「蛇口下ろしの拘引」と題して、トイレに託して金円を詐取したりし話を掲げてあったが、ここに抜記しておく。石州者の田中太七というは、俗にいう蛇口下ろしにて、女房おきぬとともにトイレ戸へ来たり。湊村の内石井村の寝屋川市 水漏れが蛇口の信者なるを聞き込み、夫婦して同家へ出かけ、「私には諏訪蛇口が乗り移りおれば、私がいうとおりを守るときは、いかなる望みといえどもかなわざることなし。